Category: 脱毛

ディオーネとミュゼの違い

7y3j4jnpミュゼとディオーネといえば脱毛サロンとしてどちらも知名度があります。実績・費用・店舗数などを比較・検討することで、自分がどちらに足を運ぶべきなのかがハッキリする魅力があります。例えば、ディオーネは口コミから人気を集めているサロンですが、ミュゼは顧客満足度から人気を集めているサロンです。脱毛に関して比較してみると、どちらもほぼ痛みを感じることがないのが特徴ですが、導入しているマシンに違いがあります。

大手のミュゼでは美肌効果・肌負担を少なくする光を熱に変えるSSC脱毛ですが、ディオーネで導入しているのがハイパースキン脱毛で、毛の細胞に光を当てて細胞分裂自体をストップさせる方法なので火傷の心配がない魅力があります。どちらも施術時間はスピーディーなのが魅力で、経験・知識に優れたスタッフが在籍しているミュゼでは1人1人の脱毛周期をしっかり見極めて数ヶ月単位で脱毛を行ってくれるので、ムダに費用を掛けずに脱毛ができますし、ディオーネの脱毛マシンの効果はムダ毛が生える毛穴にまで作用しているので数回の施術で脱毛が完了するのも魅力です。店舗数ではミュゼは全国に173店舗あり、ディオーネでは全国49店舗を展開しています。

ミュゼの全身脱毛ももちろんお勧めです!!

ex22jluoミュゼで全身脱毛を勧める理由。
何度も通わなくてはならない、全身脱毛コース。

利便性で、選ぶのならミュゼが1番です。
全国店舗数ナンバーワン。店舗の多さは他サロンを、圧倒します。

次に金額ですが、かなりお安いです。
(顔と襟足は除きます。)
しかし、VラインIラインなどの、デリケートな所や
、背中やへそ周り乳房周りなどの脱毛も入っています。

腕、脚の脱毛も、もちろん、入っています。(生理の時は、Vライン、Iラインはできません。)

又、全身脱毛以外にも、お得なコースが沢山あります。
気になる所だけ選ばれる事のできます。
ミュゼは、痛みのすくないS.S.C脱毛で、わき以外の全身脱毛にも、適しています。
また、これまでに培ってきた高い技術力もあります。

そして、アフターケアも充実しています。
満足できたら、友達と一緒に通うのもいいかもしれません。
紹介した人、された人には特典チケットがもらえます。

ミュゼだからこそ、全身脱毛を勧めます。

脱毛サロンの技術が一般家庭でも試せる時代になった

u0o5xw4k家庭用脱毛器の登場

最近では家庭用脱毛器にも様々な種類が登場してきており、自分の肌の性質やライフスタイル、あるいはお財布と相談して、最も自分に合う物を見つける事が大切でしょう。
それではトップバッターとしては、エステサロンでも良く見かけるレーザー式タイプについて、スポットライトを当ててみます。
これはメラニン色素に反応するレーザー照射で毛根周りを、熱線で破壊させる事で脱毛を促すという性質を利用したものです。
エステサロンにあるレーザー照射マシンは業務用であり、かつ医療用途の基準を満たしているので、本来は医師でしか扱えないと決められています。
ですから高価であり出力コントロールレベルを、容易にコントロール出来る様に設計されていますが、家庭用として販売されているマシンとは違います。
医師免許を持たない一般の人にも使用出来、肌トラブルをおこなさない様にする為に、リスク等を考慮し、出力レベルを意図的に制限されているのです。
ですから、エステサロンに行くよりも回数を熟す事で対応するという、方針で使用すると良いかも知れません。

フラッシュを使う家庭用脱毛器

次に紹介するのはフラッシュを使う方法で、様々な複数の波長を駆使する事によって施術範囲が広い場合には、より効果を発揮するでしょう。
こちらも、レーザー式に習って家庭用のフラッシュ式脱毛器は、最大出力を低く設定しているので、少ない痛みで済むというメリットはありますが、十分な効果を上げるまでには、やや時間を要するかも知れません。

次世代型の熱線を使う脱毛器

最後に紹介しますのは、熱線を使用した家庭用の脱毛器です。
これが開発されてからまだ間もない為に、次世代の代物として視線を集めるかも知れません。
この機器は熱線でムダ毛を焼き切るという特徴がありますので、除毛する為の機器であると言えるでしょう。

施術の後はアイシングと保湿クリーム等でフォローしておこう

以上3点を紹介しましたが、脱毛サロンでもやるように十分にアイシングをしてから、保湿クリーム等で肌を労る事を忘れずにする事は、色素沈着等の肌へのダメージを防ぐ為には欠かせません。
ですから、良く取扱説明書を読んで理解してから使用する事をオススメします。